STRUCTURE 「4.29特集 牛肉部位分割図2013」

naizou

ここ10年位で「希少部位」というコトバが定着し、焼肉屋さんなどでいろんな部位が食べられるようになった。希少性が味の良し悪しを決めるわけではないし、中には殊更「希少部位」を強調し、量や値段に首を傾げたくなるケースも散見されるが、確かに部位によって味や食感も変わるので、食べ比べを通じて牛肉への関心が深まることは良いことだと思う。

そこで4月29日スペシャルとして、デザイン会社「コンソメデザインブロック」にご協力いただき、BEEF-LAB.comオリジナルの「牛肉部位分割図」を作成してみた。ダウンロードは自由なので、壁紙などとしてお使いいただければありがたい。ただし複雑に入り組む筋肉や内臓を平面上に表現しているため、正確性に欠ける部分があるかもしれないが、どうか大目にみていただきたい。

 

牛肉部位分割図正肉
牛肉部位分割図正肉

牛肉部位分割図内臓
牛肉部位分割図内臓

 

「希少部位」「格付け」「熟成」など牛肉の楽しみ方が広がり、嗜好品化が進んでいるように思われる。今後は「生産者」や「肥育方法・期間」「エサ」などで牛肉を選ぶ時代が来るかもしれない。賛否は色々あるだろうが、生物界からビジネスまで“多様性”は重要な生存の原理である。牛肉にも多様性が必要な時代が来たのかもしれない。

それにしても、牛肉って素晴らしい。